Concept

AFER CARE

【ケア】

革の種類によってケア方法が違いますが、ブラシでほこりや汚れなどを取り去ることが共通していえることです。また、オイルの少ないヌメ革は、特に呼吸している素上げ革のため水分を吸い込む特徴があります。雨などにぬれた際は、雨染みにならぬよう乾いた柔らかい布ですぐにふき取ることをお勧めします。

常にご使用の場合はこまめな手入れは必要ありませんが、革靴と同様、しばらく使用しないときは注意が必要です。湿気の少ない場所に保管し、新聞紙など(インクの付かないようケアし)を詰めておくと型崩れの予防になります。
また不織布に入れておくことをおすすめいたします。またブラッシングでほこりや汚れを落とし、乾燥を防ぐために適したオイルを塗っておくのも良いかと思います。ただし、シミになる場合がありますので目立たないところで試してからご使用下さい。

そして十分にご注意いただきたいのは金具です。変色や緑青(ろくしょう)などが起きる可能性があります。接触しているところにシミが付かないよう紙などでカバーしておくことをおすすめいたします。

【修 理】

長年使われたバッグの修理や補修を依頼されることがよくあります。バックを見させて頂くと、販売した時とは色やツヤなどが大きく異なり、とても味のある状態になっていることがあります。それは持ち主にとって、とても大事なものなっているのでしょう。愛着を持って長く使ってもらえること。作り手にとってもこれほど嬉しいことはありません。 そんな方々のためにUNISON DEPT.は修理サポートを行っています。

まずはご購入いただいたお店へご相談ください。販売店経由で対応させて頂きます。製品の状態により修理できるモノできないモノ、また修理方法・修理代も異なります。まずはご相談をいただけますようお願いいたします。