Concept

MATERIAL

UNISON DEPT.の使用する素材は、革本来の良さを持つ「素上げ」と呼ばれる、
非常に薄化粧の状態を基本としています。
味や艶を加えているものもありますが、けっして完成形ではありません。
それは革をある程度育て将来的によい風合いにするお手伝いをしているにすぎません。
またその状態からしか生まれない味があり、
革の可能性をさらに引き出したものとも言えます。

そんなUNISON DEPT.の製品は誰にでも扱える素材であり、
きっと愛着のあるものに育ってくれるはずです。
無論、キズは付きますし色が変わるものもあります。
しかしそれが革の自然素材ならではのぬくもりではないでしょうか。

UNISON DEPT.の製品は、新品の状態がスタートになり、
使用してゆくことで完成されていきます。
それは、使い方により変化してゆくもので、同じ作品は無いということです。
UNISON DEPT.のオリジナリティとさらに使う方のオリジナリティが調和し
完成していくと考えています。

NEXT