FLAP TOTE

新しい発想から生まれたイタリアンレザーバッグ

新しい感覚で味のあるイタリアンレザーの鞄ができないか?
そんな発想からUNISON DEPT.のUDOが生まれました。
ベリーと呼ばれる牛の腹部に近い部分の革に着目。
しかしこれは形状が細長く、シボ(革特有の細かく丸い皺)が所々にあり
バッグには不向きな皮革と言われていました。

その細長い革をできる限りスムースな部分と、
シボのある部分に分けて裁断、
それらを組み合わせ、UDOの顔となる
「パイピング・ボーダー」としてデザイン。
素材の特徴を生かすことにより、
コストを抑えたオリジナリティあるバッグが完成しました。

この革はとても風合いが良く、味のある素材。
使ってゆくうちに深みが出て
エイジング(経年変化)を楽しむことができます。

また機能面でもUNISON DEPT.ならではのこだわりで
デザインと使い易さを両立。
男女兼用のベーシックアイテムです。